FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ちを目指さないチーム

子供達から勝ち負けのゲーム性を取り上げるほど酷な事はない。
サッカーをやる最大の動機のひとつだと思う。

前にも述べましたが長男の入ったチームは完全に育成型クラブでした。
単純にいうとコーチ、そして保護者!
は勝負に拘らない。
子供は勝負に拘る。
こういうスタンスでした。
だから子供達のモチベーションは下がらない。
最大の楽しみのゲーム性は確保されている。
保護者の勝負に拘らないは結構難しくて
子供を勝てるチームへ移籍させる親もやっぱり出て来る。

じゃあコーチは勝ちに拘らずに何に拘るのか?
「自主性」「主体性」


子供達が自分でプレーを選択するチームと
コーチが戦術を指示してるチームが対戦すれば
試合の結果は火を見るよりも明らかです。
「答え」を教えてもらってるチームと
「ヒント」を教えてもらってるチームとの対戦。
そういった構図でしょうか。

ただひとつ勝ちに拘るチームの子供達の
勝利に対する意識やメンタリティは評価します。
逆にそこは育成型クラブの子供達は淡白かもしれません。

いずれにせよ極端な話
子供達はコーチから技術は教わるけど、
試合では使う場面や使い方は自分で考えなさい。
そういう状況に放り出される。
故に親のスタンスもまあまあ大事です。
忍耐強く見守る。これにつきました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。