FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルギー戦

今回の日本のクオリティならベルギーには
勝てると思いましたが、甘かったです。
決定機はベルギーが確かに多かったし、結果的には妥当だと思います。

ベルギーにサードまで運ばれるとさすがに
個のアドバンテージがあり攻撃は迫力がありました。
間一髪のところで再三ピンチを防ぐ場面が何度もあり
思った以上にゲームが支配出来ない印象でした。

日本は序盤から攻撃的に行き前線からの守備で
相手ビルドアップ時のミスを誘発、若しくはパスコースを限定。
ボールを奪える場面が何度かありました。
そこから大迫に当てての攻撃でしたが、それも前半の途中から対応され
サイド起点の攻撃へ移行、ベルギーのプレスをかいくぐり
サイドチェンジを効果的に多用してました。
しかもそこからバイタルまでの組み立ても出来ており
攻撃のディティールはポーランド戦とは雲泥の差。
今回のW杯メンバーで
連携出来る選手と出来ない選手、そのバランスは
チームを作る上で非常に重要だったと思う。
クラブチームとの違いはここのクオリティが上げにくい。
そこを上げれた最大の要因はベテランの選出だろうし、
西野監督とベテランとの一致したチーム作り。 


思えばブラジルの惨敗からアギーレ解任、ハリル解任まで
紆余曲折を経て彼等はこのサッカーに回帰した。
批判を恐れず、負けを恐れず
何が正解か、何の確信もない状況の中、自分達を強く強く強く信じて
自分達のサッカーに立ち帰った。
本当に美しい人達だと思う。

今回の代表を批判してた人達は
自分を擁護するのにどんな言葉を重ねるのだろう。

悔しい経験値を少しずつ積み上げながら
日本はここまで辿り着いた。
誇りに思う。
こんな素晴らしい時間に立ち会えた。
ようやく自分達のサッカーが始まった。



 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。