FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終選考

先日のガーナ戦。
攻撃の幅が広がったなあという印象。
連携に課題はあるものの
攻撃のみならず多彩な戦い方を選手主導で出来たのは評価できると思う。
そういう意味では大島、柴崎は必須だし、
そのスタイルに呼応出来る選手が今回の最終選考で選ばれている。
そんな気がします。

テストマッチとはいえ負けたという結果は残念ですが、
崩されての失点でなかったし決定機を作られた場面も少なかった。
その部分はある程度3バックも含め手応えはあったように思う。
攻撃面でもW杯本番では最低限スコアがイーブンの展開でいければ
昨日よりもスペースを使った決定機を作る事も充分可能だと思います。
えらくプラス思考かな?


個人的には後半の初めから4バックになるまでの時間帯、
すごくバランスが良かったと思う。
中盤の安定感と機能する感じが楽しかったです。
大島、柴崎、香川この辺りのボール回しは
インテリジェンスを感じます。
実際は強さという意味で山口、原口なんかが
絡む方がバランスはいいのでしょうが。

いずれせよ経験者が多い選考になりました。
そこをひとつのストロングポイントにする
西野監督の意図も感じます。

「自分達のサッカー」という言葉をバカにしたように使って
代表選手を揶揄する人達は少なからずいます。
結果がどうあれ日本サッカー界のトップオブトップが
やらされるサッカーじゃなく、
自分達でそして日本人で志向したサッカーで臨む。
若い人達や新しい事を始める人ってそうでなきゃいけない。
批判やリスクを恐れちゃいない。
知ったような口を利くおっさん達(僕も含めて)を
嘲笑するようなプレーを彼等には見せて欲しい。
僕等おっさんは彼等を懐深く見守りたい。
たった一歩でいい。僕達が見た事のない新しい一歩を見せて欲しい。
日本サッカー界に積み上げられる価値ある経験値となるはずです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。