FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム選び #2

サッカーそのものは勝負を決するゲームです。

攻撃面では最終的にゴールを決めるのが目的だから

その為の最短(効率的)ルートを状況に応じて

選択するのが戦術として必須となります。

ただ少年サッカーの場においては育成の観点から

この大前提は絶対的では無くなると思います。

4種で結果を出すのは

フィジカル(体の大きさや足の速さ等)、

ロングボール、そしてドリブル。

これを分かった上で指導者はどういった育成をするか

保護者はここに注目するし、価値観が分かれると思います。

 


まず子供にサッカーの才能があると判断出来るなら

勝ちに拘るサッカーも有りだと思う。

育成型じゃなくても

もともと身体能力やアドバンテージを持っているので

中学でもそのストロングポイントで実際イケてます。

ただこれは少数派だと思います。


もう少し言うと一番苦労してる子が

チームでエースだったし、

上記のタイプになれるだろうと思って中学年代になったけど

中学行くとそんな子幾らでもいましたという

事実に直面してる子達です。

ここから抜け出すのはその子のメンタルや

大げさに言うと人間性も多分に影響する。

ここはまたの機会に改めて書こうかと思います。


そしてうちの長男の部類です。

サッカーの才能があるわけじゃないけど

サッカーが好きだし、中学、高校とサッカーを続けて欲しい。

とりあえず小学生年代で何か武器になるものを身につけさせたい。

努力でなんとか一定の評価を得て欲しい。

プロを目指したいと言える位置にいて欲しいなど。

こっちに近い意見の方が多数派かなと思います。

なので僕は必然的に育成型志向なのです。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。