FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブユース

長男のチームは都道府県大会を終え
辛くも地域大会への権利は勝ち取った。
予選を通じて感じるのは攻撃の幅の少なさというより単調さ。
当初からドリブラーを配して攻撃の形を作るシステムを好んでるのは
チームの方針として一定の理解は示したいと思う。
最初から最後までドリブルで突っ込んで行くFW陣は
いい意味一貫してスタイルを貫いていると言える。
一方で悪い意味、第三者から冷静に見ると、ちょっと痛い。

決勝ラウンドになると相手もドリブルに対して手を打って来ているのは明らか。
それでもドリブルで打開したい選手達。
たまに中途半端に魅せるプレーをしてしまうから
選手もまわりもこのままでいけるんじゃないかと思ってしまうのか?
インテリジェンスに欠けたこのスタイルは
強豪相手には恐らく自滅する。
ピッチの上で選手達が実感し、改善し打開策を模索する。
そんなサッカーを地域大会では是非見せて欲しい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。